道路安全施設

ウルトラハイグリップ「PTS」溶射工法

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合せ/営業時間 平日8:00~17:00

TEL.093-341-3531

粉体状にした、米国製特殊樹脂『熱可塑性樹脂』を、加熱した母材に吹き付け、溶解させた後、骨材を散布し防滑効果を出すものです。塗装が難しい言われている無機物へも高い密着力を発揮します。また対候性にも優れ、屋外での使用にも最適です。
骨材、顔料を混ぜて使用することで、視認性を高めることも可能です。


              PTS 従来の溶射システムとは異なり、母材を規定温度に加熱することで粉体を溶かして吹き付ける従来の溶射工法に比べ、安全で低コストの施工が可能になりました。

              熱可塑性樹脂 加熱すると軟化し、冷却すると固化する特性を持った樹脂。

用途・防滑仕上げ

専用の骨材を組み合わせて使用することで、高い防滑効果を発揮します。耐久性に優れた特殊樹脂でカバーすることで、長期的な防滑効果を保つことが可能です。歩道のマンホールなどには最適な効果を発揮します。
※歩行者用ですので車道での使用は想定していません。

材料特性

樹脂の組成 エチレン系ポリマー
推奨母材 鉄・ステンレス・ガラス・石材・タイル 等
接着強度 1.2N/15mm
3.6N/15mm(オゾン処理)
テーパー磨耗 テーパー磨耗 36mg
コードショアD 49
耐ストレスクラック性耐候性 ベントストリップ法 50℃
イゲパール100%

F10・・・20
F50・・・60
F100・・・230
耐候性 屋外使用に対応した樹脂設計のため耐候性が良く、マンホールやグレーチングに適しています。
耐衝撃性 ゴルフボールの表面素材としても使用されている樹脂ですので、柔軟性、耐衝撃性が高く車や重歩行現場でもクラック(割れ)が入りません。

骨材の種類

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合せ/営業時間 平日8:00~17:00

TEL.093-341-3531

作業手順

下地清掃 プレヒート ベース吹き付け 骨材散布 トップ吹き付け 完 成

施工前後

Before After

よくある質問(Q&A)

樹脂は何でできていますか?また、特性は?
エチレン共重合体でできています
高い柔軟性、耐気候性、ガラス、陶器、金属に対する高い密着性
吸湿性が無く、雨に強い
食品梱包材としても認可される安全性
骨材の特徴な何ですか?
アルミナ・・・アルミの粉末で鋭利であるためグリップが強いが磨耗しやすい。
カラーサンド・・・色が着いているので着色に便利。陶器(セラミック)の粉末なので持ちが良い
PTS工法はどのくらいもちますか?
何年とは一概に言えませんが、歩道で8年の実績があります。
歩行数により異なります。また、人が曲がる場所や、坂道の場合は磨耗が激しくなります。
車道には使用できますか?
歩道用に設計されていますので車道には使用できません。
車道の場合は樹脂を1ミリ以上、骨材を大きくし、さらにブラスト研磨とオゾン洗浄が必要と考えます。(現在検討中)
保証は何年ですか?
保証は1年です
メンテナンスはどうすればよいですか?
汚れた場合はナイロンブラシと中性洗剤で洗ってください
磨耗した場合は最施工できますか?
骨材のみが擦り切れ、樹脂が残っていれば、再度加熱し樹脂を増し打ちして骨材を乗せます。
下地まで磨耗した場合は専用薬品で溶かして除去後、再施工します。
部分的にチッピングが起きたらどうすればよいですか?
チッピング周りを研磨し、浮き上がりが無ければ、小型のトーチで加熱しながら樹脂を乗せて補修します。

連絡先・お問い合わせ

営業時間 9:00~17:00
TEL.093-341-3531